僕の飼い犬の餌の話|ペットフード業界の裏

僕の飼い犬の餌。ドッグフード。ペットフード業界の裏話など日記的な記事をまとめています。
MENU

犬の餌、ドッグフードのこと

ドッグフードは現在、様々なところで販売されています。例えば、当然ですがペットショップなどでは売られていますし、ホームセンターなどでも置いているところが増えています。インターネット通販という方法も現在ではあります。スーパーマーケットにも少なからず置いているところがあります。このように売っているところは意外とあります。しかし、問題はどの銘柄を選ぶのか、ということです。犬種や歳によって細かく変える必要があります。

 

多頭飼いでも一匹一匹、それぞれに合わせることが重要になります。手間はかかります。それでも愛する犬のためですから、手間と費用は惜しまないことです。出来るだけ、添加物が入っていない物を選ぶ、というのも大事な要素といえます。人間にも悪い物ですから、犬にもよいわけがないです。むしろ、体が小さい分、悪影響は更に強く出てきてしまうといえます。だからこそ、キチンと無添加のドッグフードを選ぶのが飼い主の責任といえます。犬はそんなことわからないわけですから、配慮するべきは飼い主のほうにあります。後は意外と味も大事です。露骨に嫌がる犬もいるほど意外と味覚がはっきりとしています。その犬が喜ぶような味の物を見つけることです。

 

ドッグフードにもたくさん種類があります

犬を飼うときには、実は登録が必須です。様々な病気があるからです。犬が単体で病気になるのであれば国がそんなことを規定する必要性はないのですが、狂犬病という恐ろしい病気がありますから、登録制にして注射をするのを義務にしています。ですから、少なからず獣医のところにいくことになります。その時にドッグフードについて細かい話を聞くとよいでしょう。ドッグフードには年齢によって変えないといけない物があります。

 

特にシニアにおいてはこれは途轍もなく大事な要素になります。具体的にいいますと栄養価が違いますし、堅さなどが違うことになります。そもそも犬はそこまで咀嚼をするような動物ではないです。丸呑みに近い形で飲み込むことが多く、そのあたりの配慮も必要になります。最近ではカリカリとした堅い固形のドッグフードが人気ですが、昔ながらの缶詰に入っている肉のような餌もあります。それと液状の餌もあります。これは固形物がなかなか食べにくくなっている状態の犬のときに使えます。ミルクであるわけですが、粉状、粉末タイプの物であり、水に溶かして与えることになります。ちなみに大抵の犬の大好物になります。犬はミルクは大好きですからお勧めできます。

 

ドッグフードの臭い

 

我が家のチワワは,市販のドッグフードをほとんど食べません。生後3ヶ月で我が家に来たときは,それまで育ててくださっていたお宅で食べていたフードを与えていましたが、しばらくすると全く食べなくなりました。馬肉が良いとお聞きして、馬肉と野菜、ご飯を少し混ぜて煮た物を与え、それは食べてくれました。しかし手間も掛かるのでドッグフードを食べさせたいと、ネットでドッグフードのサンプルを数種類注文し与えてみましたが見事に拒否されました。

 

さらに入手可能なサンプルを全て試しましたがほとんどだめでした。口に入れた途端吐き出す物や、袋を開けた途端そっぽを向く物など散々でした。唯一食べてくれたのは、半生タイプの保存料など無添加の物でした。数箱分は注文して食べさせましたが,値段が高い! 半生タイプを食べてくれたのでそれならばと、他の半生タイプのフードを与えてみたところ、少し食べてくれました。

 

因みに、最初に食べてくれた無添加の半生フードはほとんど臭いませんが、この新たなフードは臭います。あるとき、お皿に出しっぱなしだったフードが無くなっていました。食べたのです。試しに数日乾燥させてから与えてみると歓んで食べ始めました。臭いをかいでみると全く臭いません。
改めて残っていたサンプルの臭いを嗅いでみると、全て臭いました。特にそっぽを向いたフードは油が酸化したような臭いがして、胸焼けしそうでした。
家のわんこだけでは無いと思います。ドッグフードを選ぶとき,臭いにも注意してあげましょう。

 

ドッグフードの選ぶコツとは

 

ドッグフードも色々と選ぶ為のコツがあります。その一つとして、添加物があります。実はあくまで業界規制ではありますが、内容量の多い順に80パーセントまでは表示させよう、という規定があります。しかし、これは義務ではないですし、また添加物が内容量が多いわけもなく、表示させていないフードが多いわけです。ですから、キチンと細かい物まで表示されているドッグフードを選ぶことがまずはお勧め出来ます。

 

それと無添加といっても栄養素が添加されている分においてはまったく問題ないといえます。一つとしてはビタミンがあります。人間も必須の栄養であるのがビタミンですが犬にも必須になっています。ビタミンが足りていないと様々な病気を引起こしやすくなります。これが添加されていることはとてもよいドッグフードであるといえます。但し、ビタミンには摂取量に限界がありますから注意は必要です。一日のあげてよい量を守っていれば問題はないでしょうが、おやつなどを多くあげていると過剰摂取になってしまう場合があります。

 

これはよくチェックしておくべきでしょう。選ぶコツの一つとして、添加物の有無があるわけですが、防腐剤が入ってないということは保存が難しいわけでもあります。消費期限は常にチェックが必須です。

 

参考:パン君のドッグフードおすすめランキング|安全なものを選んでね♪

更新履歴
このページの先頭へ