犬のおやつとは色々とあります

犬のおやつとは色々とあります。ここでは、犬のおやつについてご紹介していきます。
MENU

犬のおやつとは色々

犬にもおやつがあったほうがよいでしょう。これが何かと役に立つからです。しつけをするときに使えますし、カロリーが食事だけでは足りない時などに与えることができます。犬とてその程度の楽しみはあったほうがよいです。給餌をするときに気をつけることは、人間の方が上である、という意識を叩き込む行為です。欲しい欲しいとねだられてあげるのはよくいなです。あくまで給餌は人間が強い権限でやっていることを犬が意識してもらわないといけないわけです。

 

これが与え方の基本になります。肝心の犬のおやつの選び方ですが、一つは、野菜、果物系のものにしたほうがよい、ということがあります。肉のほうが好きなことが多いでしょうが、体に良いから野菜系にしましょう。果物系は糖分も多いですから、注意したほうが良いでしょうが、それでも脂質よりはよいです。もう一つとして、あえて柔らかい物にしない、というのがあります。硬いほうが噛んでよく食べるようになります。歯石や歯垢を取る効果もありますから、これがとてもよいでしょう。最後に防腐剤が入っていないことがよいです。まったく、というわけにはいかないでしょうが、そのような添加物は可能な限り少なくするべきです。

 

犬のおやつのタイプとして

 

犬のおやつも色々とあります。ガムタイプの物がありますが、歯が弱くなっている犬の場合は避けたほうが良いでしょう。ジャーキータイプが一番よいとされています。そこそこのかみごたえがありますし、犬も肉の味がしますから喜ぶことが多いです。犬には大した味覚はないといわれていますが、それでも好き嫌いはありますから、これは注意しておいたほうが良いでしょう。クッキーのようなおやつもあります。カリカリと食べることができますので歯磨き的な効果があることすらあります。

 

但し、それとは別にキチンと歯磨きはすることにしたほうがよいです。犬も虫歯になります。そんなに糖がついているものを食べさせていない、と考えるかもしれませんが、そもそも歯垢は溜まることになりますし、犬も歯槽膿漏になることはあります。おやつ次第で病気になることもありますから、これは本当に注意するべき要素になっています。また、あくまで主食ではないです。一日何個まで、何時にあげる、と言うことを決めておくと良いでしょう。或いは躾け、芸を覚えさせる時などにご褒美に使うこともあります。やはり食べ物で褒美を与えることが犬としては最高の喜ばし方になるのは確かといえます。

 

このページの先頭へ