ドッグフードの選ぶポイントとは

ドッグフードの選ぶポイントをご紹介していきます。
MENU

ドッグフードの選ぶポイントってどこ?

ドッグフードも沢山の種類がありますから、しっかりと選び抜くことです。例えば、それこそ飼っている犬が嫌って食べない、ということもあります。色々と理由はあるでしょうが、純粋に味が嫌、ということもあるわけです。もちろん、個体差があることですから、これは違いはあります。しかし、やはり味に関することも犬にとりあえずあげてみて試してみる必要があります。だからこそ、試供品があるわけです。当然ですが人間が食べてみることもできますが、それでも味の差なんて犬と感覚が違うわけですから、意味はないです。

 

重要なのは実際に食べさせてみることです。それとそもそも選び方として、栄養関係があります。犬もビタミンやミネラルが不足することがありますから、これがしっかりと添加されている必要があります。栄養価に関してもチェックが必要になります。そうはいっても、そもそも犬種の違いもあります。その犬種に相応しい量を知る必要があります。基本的には裏面に書いていることが多いです。つまりは、小型犬用なのか、大型犬用なのか、ということです。中型犬用も当然ですがあります。それに合わせて買うことです。そして、年齢によっての違いもしっかりとあります。

 

ドックフードの大きさについて

 

ドックフードにも色々とあります。そもそも犬種が沢山あります。それこそ両手に乗るような大きさの犬もいますし、子供が乗れるような巨大な犬もいるわけです。ですから、満遍なく、犬という種族に合う食事はないわけです。また、嗜好もありますからこの手のドッグフードは嫌い、ということもあったりします。愛犬の特性をよく見て、選ぶことです。ちなみに獣医に相談をするのもありです。どんな物がよいのかを聞くことができます。

 

大きさですが、粒タイプの物は小粒と大粒、或いはその中間があります。極端に違いがあるほど差があります。犬はそんなに噛む行為をしないです。つまりは丸呑みをしているようなこともあります。ですから、大きな粒の場合、胃腸に大きく負担がかかる場合もあります。そのあたりもよく見て、自分の犬にはなにがよいのかを決めるとよいでしょう。味に関しては直接、犬に聞けるわけではないですが、意外なほど好き嫌いを顔に出す動物でもありますから、いくつかのドッグフードを試してみてベストな物を見つけることです。それと年齢によって変えることも大事です。人間でも年齢で食事の内容を変えるわけですから、犬も年齢にあわせた食事は必要になっています。

 

このページの先頭へ